» 2017 » 3月のブログ記事

勤め始めて2年の娘に昇進のチャンスが来ました。
応募したのは6人。合格するのは一人のみ。面接した上司は5人。
上司も仕事で忙しいのでなかなかインタビューの日が来なかったりで緊張して毎日を過ごしました。
やっと終了して結果を待つこと数週間。
ようやく合格の知らせが来た時はちょっと忘れていました。
それでも待つ時間が長かったせいもあり喜びはひとしおで、海外で頑張っている娘にお祝いに美味しい日本のお菓子を送りました。
それにしても日本と全く違う時間の観念には驚きました。そんなお国柄の違いを知ることも楽しいです。
昇進してさらに前向きに仕事に頑張っている娘にも幸せに感じ、ありがたく思っています。

本当に小さい事かもしれないけど。先日友達の友達と飯を食べに行って。後日友達から、友達の友達が俺の事すげえいい人だって、言ってたらしくて。まじで嬉しかったよ。今まで色んな友達居たげと、会ったばっかしで、言われた事はなかったよ。最近ちょっと冴えなかったから。
まだ俺の人生終わってないなって思いました。凄い良かったです。後は職業柄接客してた時にお宅の店が一番良いよねって言われた時にこの仕事して良かったと、思いました。なんか最近言葉の大切さを感じます。まだ半人前だけど。楽しい事あるから。気を抜かずに頑張りたいと思います

息子はこの春小学校2年生になったのですが、家の都合で転校して新しい環境での生活が始まりました。大好きなサッカーを続けてできることはよかったものの、友達もいない、ましてサッカーの教え方も違うコーチとの練習。年中のときからずっとサッカーを続けてきたので、今年で4年目に入るとはいえ、親としては本当にサッカーを続けてくれるかなと心配になりながら毎週の練習に連れて行っていました。
そして今日はそのサッカーチームの中で実力テストがありました。30人くらいの練習仲間と、ドリブルの速さ、パスの正確さ、シュートの正確さ、リフティングの回数を競い合いました。なんとなくずっとチームになじんでいないように感じながら行っていた練習の中で、息子は息子なりに頑張っていたのでしょう。ドリブルでは3位、パスでは2位、シュートでは2位に入賞できました。その表彰式で息子の名前が呼ばれるたびにうれしくうれしくて、最後は泣けてきてしまいました。子供というものは親の心配をよそに、いつの間にか成長していくものですね。

あとおこずかいが4000円しかなかったとき無謀にもスロットに挑戦してしまいました。1000円で大当たりになったときこれはうれしかった、天にも上るような感じでした。その大当たりが続いてしまって、最後には6万円も勝ってしまいました。
やってる最中もうこのまま大当たりが終わらないでくれと心で念じていました。臨時のボーナスをもらったような感じで家内にお土産でもと思ったのですが、それを根拠におこずかいを減らされても困ると思い何事もなかったかのように自宅に帰りましたが、にやけた顔を隠すのに一苦労してしまいました。